2012/08/20

座間先生 七段に昇段す!!!

我が剣友会会長の座間先生が8月18日、長野で行われた審査会で七段に昇段されました。 (酒道ではすでに九段でしたが。)
大したものです。 いろいろと悩まれ試行錯誤を繰り返されていたことを知っていますから喜びもひとしおだろうと推察いたします。 北鎌倉始まって以来の七段です。鎌倉地区にも七段はそうたくさんはいません。 嬉しいことです。
お祝いの席で是非伺ってみたいものです。「お酒を控えずに合格する方法を。」
(池田論説委員)

小林君 快挙!!!


北鎌倉剣友会・大活躍継続中!
8月19日(日)に開催されました平成24年度鎌倉宮例大祭奉納剣道大会において、男子中学2年の部で小林亮太選手が決勝に進出。見事準優勝に輝きました。
決勝では永年のライバルである松村選手(鶴岡)に、延長の末、小手から面と続く二段打ちの引き技をいだだき、負けてしまいましたが、二段取得が自信となり、正々堂々の落ち着いた試合運びで、次回に期待が持てる内容でした。
(コメント・写真/座間特派員)

2012/08/13

夏の昇段審査

嬉しいニュースが飛び込んで来ました。我が剣友会から受けた5人が全員一発合格しました。
会場に引率した座間先生から知らせが届きました。詳しくはHPに掲載します。杉浦さんは剣道を初めて約一年で初段です。中二の伊藤君、小林君は堂々の二段です。親父組の高橋さん、大六野さんも二段です。皆さん凄いですね。 さあ、お祝いです!

それから座間特派員からのこぼれ話をひとつ。

今回の審査で70歳で二段合格された女性、北鎌倉剣友会の高齢者が級審査に挑戦されている話を聞いて、二段受審を決意されたとか。
他の道場・剣友会の先生からも北鎌倉の高齢者の方々は、稽古を続けておられますか? と声をかけられました。
今や、鎌倉支部のみならず、横須賀支部にも北鎌倉剣友会の高齢者が剣道に取り組んでいる話は広がっております。

熟年パワーをますます発揮してほしいですね。

池田


2012/08/06

剣道とオリンピックに関して考えなければいけないこと

剣道いちに会管理人Hideさんの記述ではっとすることがありましたので、ご紹介したいと思います。
http://ichinikai.com/forum/room5/read.cgi?no=316  全文は左記へアクセスしてお読みください。
 
要は、剣道は武道だからオリンピックには参加しないんだ、という態度をつらぬいていると、韓国がKumdoをオリンピック種目として認定させ世界に広める可能性があるというのです。
韓国はテコンドーをオリンピック種目にしました。もともとは空手ですが、得意のこじつけで韓国固有の競技だとしオリンピック種目に認定させました。この手腕は侮れないというのです。
さもありなんですね。そうなると日本にもKumdo道場ができるなんてこともあるかもしれない。
我関ぜず、でいいのでしょうか? どうやって日本の伝統文化を守っていけばいいのか?
悩みどころですね。 
池田